2016年9月1日(木)〜9月3日(土)  加賀禅定道(天池 2,125m)まで  山域( 白山山地 )  

メンバー;T橋(♀&♂)  コースタイムは以下による。

9/1自宅14:00→道の駅瀬女18:30(翌日2:00)→ハライ谷登山口2:55→しかり場分岐5:55
9/2→長倉山6:45→奥長倉山避難小屋(荷物デポ)7:50〜8:15→天池10:05〜10:35→
→奥長倉山避難小屋(泊)11:50
9/3奥長倉山避難小屋4:00→長倉山5:10→ハライ谷登山口7:45 その後温泉で入浴後帰宅。

詳細地図は以下。

 白山の石川県側、加賀禅定をハライ谷登山口(標高663m)から天池(2,126m)まで避難小屋泊で行ってきました。
一里野温泉を過ぎて20分ほどでハライ谷登山口に着きます。午前3時ごろからヘッドランプを点けて黙々と登ります。
桧の新宮あたりで夜が明けてきました。ここから10分でシカリ場分岐に到着します。ここからアップダウンを繰り返し、奥長倉避難小屋
に到着します。このコースは距離が長く水場もありませんので、飲み水とは別に、1人2.5リットル担ぎあげました。 奥長倉岳を越え
美女坂の急坂を登ると美女坂の頭1968mに到着です。ここからはゆるやかな登りになり、百四丈ノ滝展望台からは迫力のある滝が
見えました。 最初は七倉岳まで行くつもりでしたが、天池まででやめにしました。 池の手前に天池室跡があり、案内板には「この石垣
は、1700年末期から1800年にかけて宿泊施設として利用された室の跡である。」と書かれていました。 当時の装備は今みたいに
しっかりとしたものではなく、途中で倒れた人もあったのだろうな?と思いをはせました。 帰りは酷道157号線で帰りました。

前日に撮影。 ↑

一里野温泉にある天領で入浴後、近くの食堂で食事し、道の駅で車中泊。 ↑↓

桧の新宮 ↑

白山方面 ↑

長倉山と三角点 ↑↓

ブナとダケカンバ ↑

奥長倉避難小屋 ↑

美女坂の急登 ↑

百四丈ノ滝 ↑

白山本峰方面 ↑

湿地帯には、木道が敷設されている。 ↑↓

加賀室跡 ↑↓

天池 ↑↓

笈ヶ岳 ↑

避難小屋は貸し切りでした。 ↑↓

日の出です。 ↑