野伏ヶ岳(両白山地)・山スキー

2022年1月23日

記録

メンバー

T橋(♂&♀)、タッキー、O井、K島、引越のS、早K、T藤、I西、Bunkerケンちゃん(SAJ1級合格おめでとう)、M(元会員)

コースタイム

1/23安八町役場4:30-東海北陸自動車道-白山中居神社先P7:10~7:15-和田山牧場跡(先発パーティー8:40 後発パーティー9:10)-ダイレクト尾根取付き(先発パーティー9:20、後発パーティー11:40)- 1,580m付近 先発パーティー13:20-1,280m付近 後発パーティー11:50 -白山中居神社先 P15:30~20:30 -安八町役場22:20
                  
後発組の軌跡です。

現地の状況及び感想その他

  • 総勢11名のパーティーで山スキーとくれば、全員の足が揃うはずもなく、最初にキジ打ちやスキー金具のアクシデントがあったT藤と元会員の毛RにT橋(♂)が行動を共にして、ダイレクト尾根の1,280m付近まで登り、雪質がモナカ雪で降りるのに時間がかかりそうなで、11時40分の時点で打ち切り、降りにかかった。
  • タッキーには、先発組を任せ行ける所まで行ってくれと事前に打ち合わせていた。後発組がダイレクト尾根末端付近に付き、尾根を見たら樹林の間に先行する仲間が見られた。
  • T橋(♂)は、電波が繋がるのでタッキーに、「我々はモナカ雪の滑りと金具に不安があるので、今から降る。雪質も悪いので、早めに打ち切って降りて来て」と連絡をした。
  • 先発パーティーは、引っ越しのSを中心に12時15分まで登ったが打ち切り、下りにかかる。想像されたことであるが、技量に差があれば、スキーで降る時間にも差が出てくる。早Kにバテ、T橋(♀)に転倒による体力の消耗もあって、パーティーはK島、今N、O井と、引っ越しのS、早K、SAJ1級のBunkerケンちゃん、最後尾はタッキーにT橋(♀)を見てもらい降りてくる編成となった。
  • T橋(♂)のパーティーは白山中居神社に15時30分に到着し、後続の状態を逐次電話(LINE等)で確認。今Nを先頭にK島、引っ越しのS、O井、早K、SAJ1級のBunkerケンちゃんが下山。そうこうするうちに、タッキーから「T橋(♀)さんと離れてしまった。」と連絡を受け、「必ず登り返して二人で降りてきて」と返答した。また、T橋(♀)から「スキーのテイックビンディングがはまらない。」と泣きの連絡が入った。居場所を聞くと、どうも和田山牧場跡からほとんど降りていない、高度1,100m付近に居るらしい。タッキーに再度連絡し、必ず落ち合い二人で降りてきてほしいと再確認した。
  • その後、タッキーとT橋(♀)は合流することが出来、スキーをワカンに履き替え降りてくると連絡が入ったが、辺りはそろそろ暗くなる時間なので、私がワカンを装着し救援に出るよう準備をしていたら、元会員のMさんから、私も行くは、と嬉しいお言葉をいただき、二人でヘッデンでサポートに930m付近まで登り返して、タッキー、T橋(♀)と合流して白山中居神社まで降りてきたのは、既に闇が濃い20時過ぎであった。
  • 長い一日でした。参加された皆さん、お疲れさまでした。

写真

白山中居神社はまだ暗い
タッキーに、ビーコンチェックをお願いしました。ビーコン着用率 10/11
林道は、何箇所かショートカット
和田山牧場跡に出ました
薙刀山は、真っ白
モナカ雪の滑り
頂上には、あと一歩届かず
おまけ、暗闇の中の雪中強行軍
長が-い、一日でした。お疲れさまでした。

前の記事

烏帽子岳(上信越)

次の記事

霧ヶ峰(八ヶ岳)